髪が全然細く、自転車に乗った帰路やちょい風の強い

髪が全然細く、自転車に乗った帰路やちょい風の強い日に出先におけるだけで、髪の毛が絡まってしまいます。
髪がか細いため量も少ないため、こういう絡まった髪の毛も大事にしたいので、タームがかかっても頑張ってほどきます。
風の強い日に旅立ちした時は指しなくても、何度も指を通し絡まった髪をほどいてある自分がいる。
髪を伸ばして結んです時に「これだけ」といった驚かれる事も多いですが、ビューティー師さんに確認すると髪の毛の容量は普通の方と同じだと言われ歓喜しました。

本当は、くせ毛もあるんです。
ビューティー師さんに生え際といった毛髪先に間近い部分では、くせの道筋が隔たり厄介だという事があります。
降水の日は朝時間をかけて整えても、外に出て数分で大バーストだ。
あっちにこちらにはねてしまうので、結ぶかとどまるしかありません。
髪留めしてもものすごくはねてますが・・・

最近は髪を肩からちょっぴり短目にし、くせをかしこく利用してくしゃくしゃっとした感じにしています。
ビューティー師さんからはパーマをかけずにこういう自然感じはいいですよ!って褒められている。
ビューティー院に行った時にビューティー師さんの作風をきちん見て自然出来栄えを勉強している。xn--vus02dj9eo8og0sx4n.tokyo